ぜのぶれいどつー

第八話をプレイ中。

 ━━━伝説の地、楽園へ━━━

f:id:autorun:20180509172503j:plain

 

  •  フィールドが広大で探索しがいがある
  • そのフィールドがSwitchにしては綺麗
  • BGMが凄くイイ!コンポーザーとして光田康典さんが参加されています
  • キャラの掛け合いが多く一人一人のキャラが良く立っている、表情も凄く動く
  • 戦闘システムが若干理解するまで難解に感じるものの、理解すれば高DMGを狙える
  • ボリュームが凄い、ストーリーだけ追ったとしても相当遊べる

 

日本人は減点方式と良く言われるので、まず加点してみました。

(そういう意味ではないのは理解してます(ΦωΦ;;;

 

細かく見てしまうとうーん?って所はありますが、ストーリーはなかなか良いと思います。

ただフィールドスキルが面倒くさすぎます。

これ開発段階で何とも思わなかったんですかね?

ブレイドの事前セット登録もできないし、ブレイドアイコン小さすぎて属性だのなんだの見にくいし。

スキルソートで選べるものの、スキル数が多いからそれはそれで面倒くさいし、また戻すのも面倒くさい。

更にそれをストーリー進行にも絡ませてくるから、やらない訳にもいかずという。

f:id:autorun:20180509173553j:plain

 

BOY MEETS GIRL…ではあるけれどちょっと違うかな?

 

先日書きましたがプレイ中解像度が落ち込む事があり、それがイベント中に起こると(´・ω・`)ってなります。

割といい感じにまとまっているのに、不満点の尖り具合が際立っている、そんな印象。

f:id:autorun:20180509173738j:plain

 

かわいい。

 

キャラクターの表情がかなり動いてくれるので、イベントを観ていて飽きません。

が、1つ1つのイベントシーンが長い場合が多く「まだ終わらないの?」と思う事もしばしば。

贅沢な不満かも知れませんが、イベントシーン長過ぎるのも考えものだと思います。

 

f:id:autorun:20180509115541j:plain

 

ゼノブレ2のキャラデザには多くの有名な方が参加されています。

世界にまとまりがなくなったりするので、私はこの手法を好みません。

統一感のあるデザインならいいのですが、各デザイナーさんの特色全開なのはちょっと。。という感じです。

 

メインキャラは同じ方がデザインされてるので、ストーリーを進める上でそういった違和感を感じる事はありませんでした。

イーラと呼ばれる組織のキャラデザインは野村哲也さんですが、イラストはともかくインゲームのキャラクターは上手く落とし込んでいるように思えます。

豪華メンバーと言った方がいい方々が参加されていますので、それがイイという方もいらっしゃるでしょう。

 

ただレアブレイドを引くのはいわゆる「ガチャ」なので、これも好きじゃありません。

 

f:id:autorun:20180509175343j:plain

 

私いち推しのメレフさん(と、おっぱい)

 

おっぱいと言えば。

メインキャラでもある「ホムラ」のおっぱい、巨乳を通り越して奇乳レベルなのはデザイナーの性癖なのかな?

f:id:autorun:20180510112725j:plain

なんでもバランスって大事だと思う。

 

 まだクリアしてないので感想はまた変わるかも知れませんが、終盤になるに連れ先が気になってきました。

いよいよ大詰めといった感じなので、一気にプレイしてしまうかも知れません。

 

f:id:autorun:20180509115541j:plain

 

……ただこれだけは言いたい。

方向キーにヘルプを設定する意味が分からない。

UIデザインが~とか以前にちょっとおかしい。

はっきり言ってUIが使いにくいし、設計どうなってるの?と思うレベル。

採取アイテムや戦闘後のドロップ品の散らばり、採取アップスキルの発動演出もそうだし、プレイヤーをイラつかせる要素を意図的に作ってるのかな?と思いました。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
FF11およびFF14、SQUARE ENIX社のSSについては
Copyright (C) 2002 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.